コンテンツ

排水管で起こる水漏れの原因

雨が降っていない時に天井から水漏れが起きたら、排水管が原因である可能性が高いです。特にマンションやアパートでトラブルが起きた場合は別の部屋に二次被害が起こる場合もあり、階下に住んでいる場合は被害を受けることもあります。排水管のトラブルは気づきにくいため、床が湿っているなど、少しでも違和感があれば水漏れを疑った方が良いです。水漏れトラブルは放置していても被害が広がるだけなので、すばやく水道業者に依頼するのがおすすめです。

■排水管劣化による水漏れトラブル

排水管が劣化すると水漏れトラブルが起きます。汚れが詰まったり腐食することにより劣化が進みますが、壁や床下に設置されているため、気づきにくいのが問題です。給水管と違い、汚水が流れるので、水漏れが起きれば臭いや衛生上の問題も生じます。特にマンションなどの集合住宅の場合、階下まで被害が広がることもあり、大規模な工事が必要になることもあるので注意が必要です。

■排水管の水トラブルの前兆

排水管のトラブルは目に見えないため発見が遅れてしまいがちですが、水漏れの前兆を知っておくことで少しでも早く修理できます。例えば、床がでこぼことしてきて柔らかくなってきたり、変色したりしている場合は水漏れの可能性が考えた方が良いです。また、異臭によって気がつくこともあります。

■まとめ
排水管の水漏れの原因は経年劣化であることも多いです。排水管は床下などの目に見えない場所に設置されているので水のトラブルの発見が遅れてしまいますが、前兆を知っておくと被害が拡大する前に修理することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ